3、セラピーもパソコンサポートも洋服の販売も同じだけれど

きのうの続きです。


 ※シリーズ初回はこちら



世の中の

先に知った人が伝える


という仕事のやり方を、


体育会系的に言うと、(だから、言わなくていいって?笑)



高校3年間の部活動の間に、


先輩から教わった

礼儀作法(とんでもなく意味不明なものも含め)や、

練習への取り組み方、

試合へ向けてのメンタルトレーニング、

技術などの、


伝統的、一般的なもの


を、まず実践して、


そこに、


自分自身が実践してみて得た成果


を加味して、


後輩に引き継いで卒業!


となりますね。



得た成果は、


トレーニングの新たなやり方


のように、プラスしていくものもあれば、

マイナスしていくものもあるでしょう。

(昔は良かったかもしれないけれど、今となっては意味不明過ぎる

先輩への気の使い方ルールを止めてみる、とか、笑)



そう、


世の中って、


人類全体で、


先輩から後輩への引き継ぎをやってる



って感じ~



と思うんです。


人生学校に在学できる限られた時間、

何かに打ち込んで、そして卒業(他界)していくんですね。



すみません、体育会系出身なもので、

そういう例えが腑に落ちる私です(笑)




で、で、


そうやって考えてみると、

基本的には、どんな仕事も、


先輩が知ってることをもとに、

その先輩らしさを通じて、

何かを後輩に伝える



ということになるんです。


例えばシェフだったら、

シェフは調理部の先輩で、

一般的な後輩の私たちには、美味しい料理としてその情報は提供され、

コアな後輩であるお店の弟子には、その店の伝統や秘伝のレシピに加えて

その先輩ならではの工夫して改善した点なども伝えられます。


って、もう先輩後輩の例えはいらないですね(笑)



で、おそらくパソコンインストラクターのひろこさんや、私は、

自分の得意分野を伝えることで、


誰かのお悩みが解決するという部分の手応えが、

直接感じられると、特に嬉しいタイプ



なんですよね、きっと。



ひろこさんも算命学で見たら、きっと私と共通の

「あの星」や「この星」を持ってるのでは?

と勝手に推測してみたりして(笑)



きっと、その伝え方のどこに喜びを感じるか?

っていうのが、それぞれ持っている星(性質)の違いで、個性なんだと思います。


芸術家タイプだったら、作品という形で伝えることが喜びで、

その作品の効率的な作り方については、特に伝えたいと思わないかもしれません。



そうやって考えていくと、

面白いのが、

アロハタロットの占いやセラピーをさせていただくお仕事です!

ちょっと違うんです。


つづく





GW中にアロハタロットが一気に学べます!初心者さんも再受講さんも大歓迎!!→ 

* 

かぎ針編み初心者さんのための「編みセラピー4回コース」土曜クラス募集中!!→ 




  c0180023_037388.jpg
こものてネットショップ
 ~komoの手づくりとアロハタロット~
 




 
メルマガ
「こものて*こものす*komo便り」
 ← 最新のスケジュールなど、 komoからのお手紙が届きます!
[PR]
トラックバックURL : http://komonote.exblog.jp/tb/23977200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by komonote | 2015-04-25 09:34 | アロハタロット*つぶやき | Trackback | Comments(0)

横浜青葉台おうちサロン「こものす」のkomoです。ハワイアンアロハタロットセラピーティーチャーです。


by komo