ワクワクの公式と自分の器の操縦席

昨日のHappyちゃんのブログでアップされてた

宇宙講座の一部抜粋(ワクワクの公式)動画、

とっても面白かったです。


ワクワクの公式と、

自分という器の操縦席の話。


これを、とにかく地道に実践していくこと。

今は本当にそれだけなんですよね…



ワクワクと言うと、何か遠い夢や希望に向かってときめいているような状態かと思ってしまって、

ワクワクしろと言われても…

と途方に暮れてしまいそうな時があるんですけど(笑)


ワクワク=自分自身で在る(本音で存在する)

という風に言い換えると、

日常の一瞬一瞬に落とし込んで活用していける

ということを、物凄く分かりやすく解説してくれてますよ。



そして、操縦席の話…

これ、私自身とても考えているところで。


↓この先は、動画を見た人じゃないと意味不明な内容です。悪しからず。



私がアロハタロット を便利だと思うのは、

タロット占いやセラピーなどは、

自分の操縦席(中心)から外れてしまった時に、

その席に戻るのを助けてくれるツールだと感じるからです。



そして「最大限に自分自身で在るために行動しよう」と決意した時に、

その行動をするための勇気を与えてくれたり、

自分の本音を確かめたり、何を怖れているのか?何を手放せばいいのか?を探る手助けをしてくれます。


なので、

ワクワクの公式を使って、

この瞬間に最大限ワクワク(自分自身で在る)するために

今できる最大限の行動をする!

行動しよう!と思ったら、とても便利な道具なんですよね。

だから、私はアロハタロット にハマったんだと思います。




でも、一歩間違うと、

タロット占い師やタロットの結果を、

当たる!!凄い!!と言って、自分の操縦席に乗せてしまって、

自分は外に出たままで苦しくなってしまったり、


或いは、

怪しい占い師に、操縦席に乗ってこようとされて嫌な思いをしたり、


或いは、

自分が他人の操縦席に乗ってコントロールするために、タロットや占いの結果を使おうとしてしまう。

そんなことがあるかもしれません。


セッションや講座にいらしてくださった方が、
そういう風な使い方をすると嫌なので、

その辺は細心の注意を払ってお伝えしています。


もちろん、誰が何をどんな風に使おうが、全てその人の自由なんですが、

私が自分自身で在るために、本音で生きようとすると、



タロットや占いは、

自分の中心に戻るのを助けるツール。

最大限に自分自身で在ることを助けるツール。

として使いたいし、

そういうものとして、伝えたい。

改めて、そう思いました。




[PR]
トラックバックURL : https://komonote.exblog.jp/tb/29354060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by komonote | 2018-03-06 19:31 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

横浜青葉台おうちサロン「こものす」のkomoです。ハワイアンアロハタロットフォーチュンティーチャーです。


by komo