上質なおやつの時間


先日の夢プロジェクトで、
所長のキクノさんに夢解釈してもらって気づいたじぶんのこと、書きます。



私は、やっぱり日常の中の

ホッとできる瞬間、

例えば、おやつの時間、お茶の時間

みたいなものを、とおーっても大切に思ってるんですよね。



日常とか暮らしって、人それぞれ違いますよね。


仕事とか学びとか、

この人生の中でやること色々あるし、

使命として取り組んでいることも人それぞれ。


その人が、何にどんな風に取り組んでいたとしても、

例え、過酷な状況が続いていたとしても、

その渦中での

おやつの時間

みたいなものってありますよね?


ホッと一息つく瞬間。


とてもじゃないけど、笑えない

というような過酷な状況だとしても、

そんなシリアスな場面だからこそ、笑っていこー

みたいな瞬間もありますよね。



その使命として必死で取り組んでることも大事だし、

何を学ぶか?どう学ぶか?

何を仕事とするか?どう働くか?を真剣に考えて、真剣に取り組んでいくことは

本当に尊いことだけれど、


それをベストなパフォーマンスに仕上げるのは、

やっぱり


上質なおやつの時間


なんだと思うのです。



表に見えている仕事の素晴らしさは、

おやつの時間が裏にあってこそ。



息抜き、とか、ストレス発散、という言い方もあるかもしれないけれど、

それよりも「おやつの時間、お茶の時間」という言い方が私は好きです。


息抜きとかストレス発散と言うと、

日常の仕事が、

息が詰まるものだったり、

ストレスが溜まるものっていう前提になっちゃうから…



それより、日常を子供の遊びみたいに生きたい。


そして、

子供が夢中になって全力で遊んでいるところに、

「おやつですよ〜」と呼ばれて行って、

テーブルの上には大好きなママの手作りドーナツが乗ってる!

「やったー」

「美味しい〜!やっぱりママのドーナツ最高!」

と言いながら、ママと笑い合って食べる。



そして、明日のおやつの時間は、

アップルパイが食べたい!とママにリクエストして、

安心してまた遊びに戻る。

みたいな。



現実世界では、

この子供とママ役は、私の一人芝居なわけなんですけど(笑)



私は私に、

子供が夢中で遊んでるようなクリエイティブな仕事をさせてあげたいし、

上質なおやつの時間もあげたい。



即席なおやつで妥協せず、

本物のおやつ、私が最高に喜ぶおやつをあげたい(笑)


あ、これは例え話なので、

実際に毎日凝った手作りお菓子を食べたいと言ってるわけではありません(笑)


私が言う上質なおやつは、時に真央ちゃんのアイスショーを観に行くだったり、

サーティーワンのアイスを食べるだったり、昼寝だったりします(笑)


その時の私にとって何が最高のおやつか?

その時になってみないと分からないので、その都度私に聞きます。



そして、私の講座やセッションを受けに来てくださる方々にも、そう言いたい!


みんなそれぞれに、

自分が喜ぶ仕事の仕方と、自分が喜ぶおやつの時間に関して、


本気出してこーっ



私、そんな風に思っているということ、改めて気づきました(o^^o)

だから、夢解釈って面白い!


ちなみに、先日のスピリアル研究所でいただいたおやつは、スイートポテトと射手座の紅茶でした(o^^o)

c0180023_10374850.jpeg

美味しかった(*≧∀≦*)


******


暮らしのお茶会(5/20,5/28)開催情報!

*********

[PR]
トラックバックURL : https://komonote.exblog.jp/tb/29477169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by komonote | 2018-05-06 10:08 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

横浜青葉台おうちサロン「こものす」のkomoです。ハワイアンアロハタロットフォーチュンティーチャーです。


by komo