人の気持ちがわかる優しい人になりなさいと言われて…

こんにちは、komoです。

去年、こんな気づきがありました。



子供の頃、

「あなたは今どんな気持ちなの?」ということを、

一度も聞かれたことなかった。

だから、自分が今どんな気持ちなのか?ってこと、

自分にちゃんと聞いてみたことなかった。


自分の気持ちを思いやるという発想がなかった。

よくよく振り返ると、本当に聞かれたことなかったな〜って。



たぶん、うちの両親も祖母たちから

「あなたは今どんな気持ちなの?」

なんて聞かれたことなかっただろうな、と思う。


だから、うちの両親にも

自分の気持ちを思いやるという発想がないように私からは見える。


何か行動する時の基準は、

自分の気持ちではなくて、

常識、社会のルール、損得、見栄…なんかそういうもの。



でも、自覚が無いだけで、実際には色んな気持ちがその奥には潜んでいるから、

見て見ぬ振りをされた気持ちたちが心の奥で疼いて、

なんか黒いものになってるの。



社会のルールだから、こうするのが皆んなのためだ!

これが親切や思いやりというものだ。

って正義を振りかざしてる奥で、

黒いものが疼いてるから、なんかスッキリしない。


親切とか思いやりのつもりで行動してるけど、

なんか相手は素直に受け取れない感じ。

全然親切に見えない時もある。



でも、本人はそれが正しいと信じて、

相手のためや社会のためだと信じて行動してるわけだから、

良かれと思ってやったのに…

伝わらなくて悲しい…

虚しい…

逆に恨みが残ったりして…

c0180023_09101480.jpeg

それでね、

思いやりを持ちなさい、

とか、

人の気持ちが分かる優しい人になりなさい、

っていう教育を受けてきたけれど、

私にとっては逆効果だったな…と思いました。



自分自身のこと思いやってなくて、

自分の気持ちを分かろうとしてない状態から、

人のことを考えようとするのって

難易度高かったな、と。



自分の気持ちを聞いたことがない私が、

自分の気持ちも分からないまま

人の気持ちを想像して、

思いやりを持って行動しようとするのって、


鏡を見ないで化粧しなさい

って言われてるくらい難易度高かったよね?って。



私は大人たちが言うように、

思いやりがあって、人の気持ちがわかる優しい人になりたかったけれど、

どうすればそうなれるのか、さっぱり分からなかった…

これが分からない私は、きっと冷たい人間なんだ…と本気で思ってました。




本当は、

思いやりがあって、

人の気持ちが分かる優しい人になるには、


自分の気持ちを思いやって、

自分の気持ちを分かってあげる体験が出来れば、

自然と人のことも想像できる。


という非常にシンプルなことだったんだと気付きました。


だから、お母さんには、

「あなたは今どんな気持ちなの?」って、たくさん聞いて欲しかったな〜

って思いました。



ああ、だから私はアロハタロットに惹かれたんだ!

アロハタロットに出会ってから、もう何年も経つけれど、謎がちょっと解けた瞬間でした。



自分の気持ち、

心の声を聞きたいって、

私はずっと

無意識に

求めてたんだ〜


それが出来るツールだから、アロハタロットに惹かれたんだ!って!

去年の春に、セラピーの学びを深めてた時に腑に落ちました。


子供の頃に、お母さんに聞いて欲しかったな〜

とは思ったけど、

大人になった今、

自分で自分に聞けるツールを手に入れたんです。


これから、いくらでも自分で聞けるから良かった!(笑)



やっぱり求めればすべて与えられるのね(*≧∀≦*)

うん、やっぱり大丈夫!





トラックバックURL : https://komonote.exblog.jp/tb/29806399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by komonote | 2018-10-21 09:10 | アロハタロット*つぶやき | Trackback

ハワイアンアロハタロットフォーチュンティーチャーのkomoです。


by komo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31